プロミスの利用条件、申し込み方法、おすすめポイントは?

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは学生も借入ができます。他社の学生ローンより優れている点が大変多いため、おすすめの借り入れ先です。

 

プロミス
→プロミスの申込みはコチラ

 

プロミスの利用条件

申込条件

20歳以上69歳以下の本人に安定した収入のある方
※学生もアルバイトなど安定した収入がある方は利用可

金利 4.5%〜17.8%
最大融資額 最大500万円

 

学生もアルバイトなど一定の収入を得ていれば申し込みができます。日雇いアルバイトではなく一定の勤務先で勤めていること、また、週に3日や4日などある程度決まった働き方をしていることが求められます。

 

プロミスの申し込み

申し込み方法

インターネット(パスコン、スマホ、携帯電話)
自動契約機
三井住友銀行ローン契約機
プロミスコール
お客様サービスプラザ
郵送

必要書類

運転免許証
※運転免許証をお持ちでない場合はパスポート

審査時間 最短30分
即日融資 可能

 

充実した申し込み方法がそろっています。学生であればスマートフォンから申し込みが便利でしょう。即日融資も可能ですが、そのために平日14時までに契約を完了させている必要があります。

 

自動契約機や三井住友銀行ローン契約機など来店が可能であれば「スマートフォンから申し込みを行い、審査結果を受けてカードの受け取りに来店する」こともできます。運転免許証、もしくはパスポートを用意しましょう。学生証は必要ありません。

 

プロミスの借入方法

借入方法 振込キャッシング 通常口座 曜日 受付時間 振込実施時間
月〜金 0:00〜9:00 当日9:30 頃
9:00〜14:50 受付完了から最短10秒
14:50〜24:00 翌営業日9:30 頃
土・日・祝日 0:00〜24:00 翌営業日9:30 頃
三井住友銀行
ジャパンネット銀行
毎日 0:00〜24:00 受付完了から最短10秒
お客様サービスプラザ
プロミスATM
提携ATM

 

申し込み時に特定の口座を開設する必要はありません。
しかしプロミスを利用するのであれば「三井住友銀行口座」か「ジャパンネット銀行口座」が活躍します

 

電話やインターネットの会員ページから振り込みキャッシングの依頼を行うと、用意した銀行口座に借入金額が振り込まれます。
三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座を受け取り口座にすると24時間対応になります

 

またコンビニにある提携ATMも利用ができるため急な出費があっても慌てることはないでしょう。

 

プロミスの返済方法

返済方法 インターネット返済   三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
口座振替
お客様サービスプラザ
プロミスATM
提携ATM
コンビニ返済
銀行振込

 

返済の基本は「口座引落+α」です。
毎月確実に返済をするためには口座引落が間違いないため利用しておきたい方法です。

 

しかしそれだけではなく、少し余裕があるときには随時返済をしていけるようにそれ以外の方法も確保しておくと安心です。
三井住友銀行口座とジャパンネット銀行口座は24時間対応の振込キャッシングにも対応、手数料無料のインターネット返済にも対応しているためぜひ用意しておきたい口座です。

 

プロミスのここがいい!

一言で表せばプロミスは「オールマイティーな優秀キャッシング」でしょう。
プロミスには大きな特徴がいくつもあります。

 

  1. 30日間無利息が始めての借入翌日から適用(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  2. WEB完結でカードレスキャッシングもある(※希望に添えない場合もある)
  3. 24時間の振込キャッシングとインターネット返済に対応(手数料無料)
  4. 安心の大手消費者金融
  5. 充実した会員サービス

 

カードありを選択しても、カード無しを選択しても、インターネット上だけで申し込みから借入、返済まで全てが完結できます。今すぐお金を借りたいという方に、自信をオススメできる商品となっています。

 

プロミス
→プロミスの申込みはコチラ